出会い系サイトでの被害

出会い系サイトを利用する際、すべてのサイトが安心というわけではないので注意が必要になってきます。そこで大まかではありますが、出会い系サイトの被害についてお話したいと思います。
・サクラ
女の子だと思ってやり取りしていたら、実は会う意思がまったくないサクラにかかってしまったという被害です。
サクラは男性ユーザーに利用料金を使わせようと、会う事をちらつかせ、出来るだけ長く、長くサイトを利用させようとします。
会う意思がないのに、男性心をくすぐり、会えると思わせる手法を用いるので、多額の料金請求の被害を受ける可能性もあります。
無料サイトではお金は掛かりませんが、被害はそれに掛けた時間と言えるでしょう。
・架空請求
出会い系サイトをちょっと覗いただけ。または無料お試しポイント内で利用しただけ。または全く利用した事がないのに身に覚えのない料金請求を受ける被害です。
特に出会い系初心者は注意して欲しいのですが、サイト内の利用規約、注意書きなどと違った内容の事が起これば、無視して結構です。
架空請求に驚き、丸く収めようと思い、それに応じてしまうと、何度も架空請求され、何が正しい情報なのか迷ってしまいます。
正しい情報を見極める眼を養いましょう。
・美人局(つつもたせ)
サイト内で知り合った女の子と会う約束をして、待ち合わせ場所に行ったらいかつい男性数名に囲まれ、被害を受けたという話は聞いたことがあると思います。
こうして被害を受けても、声高に助けを求める事は中々出来ないです。
こうした被害はやはり恥ずかしさというものもあって、女性の色香に引っかかってしまったという印象を、周りの人は持ってしまいます。
サイトを通してやり取りをしている段階で、露骨に会いたいと言って来たり、エッチな言葉で誘ってくる女の子には注意が必要になってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ